職場の男性の携帯番号メモを知ってTEL。深夜デートしてます。

私には当時お付き合いしている彼がいました。しかし彼との関係はあまりうまくいっておらず、別れようかどうしようか迷っている時で性的な行為もずっとなく、正直欲求不満もたまっていました。
そんな状況だったせいか、今まで全く気にもとめなかった、同じ職場の男性が気になるようになりました。
その人はお昼休憩にいくときに「何かあったら連絡ください」のメモと一緒に携帯番号をいつも机の上に置いていました。
ある日私はそのメモをみて、 誰にも気付かれない様にこっそり携帯に登録しました。その日の夜、家に帰ってきてLINEの番号検索するとその人と思われるLINEがでてきましたが、連絡する勇気が出ず、一方的に番号を知っているまま、しばらくは連絡しないでいました。
私のよそよそしさに気づいたのかある日彼が別れを切り出してきて、私たちの関係は終わりました。
次の日の夜私は思い切って職場の男性の番号に電話をかけました。が、電話にでませんでした。
その次の日も電話をかけました。すると、
明らかにこちらをうかがっている様な不信感を抱いているような声で
「はい。」
と一言だけきこえました。
もおその一言声をきいただけで私は心臓バクバクでした。正直何を話すかなんて全く考えていなかったので、
「あっあのー、、、」
と、ごもりました。
「どちら様ですか?」
「あっごめんなさい、Mです。○○(職場の名前)の、、、」
「えっ!?あっはい、、え?」
彼はまさか私から電話くるなんて思ってもいなかった様子でびっくりしていました。
「ごめんなさい急に。あの、メモみて電話しました。」
「メモ?」
「お昼休憩のときの、、」
「あー!!はいはい。えっ!?どうしました!?」
「いや、とくに、あの用はないんですが、、、」
「はい、、、」
「ごめんなさい!またかけてもいいですか!?」
「どうぞ笑」
と、初日は何も話すことなく終わりました。
仕事にいくと、彼は何もなかったようにいつも通りだったので、少し安心しました。
その夜もまた電話をしました。
「Mさん、どうせならちょっと会って話します?」
と突然彼から提案され、戸惑いながらも、内心とても興奮していて、誘いにのり、彼は車でうちまで迎えにきてくれました。
車で二人きり、しかも仕事とは違う夜の顔?に、もうドキドキはとまりません。
職場では仕事の用件以外全く話たことがなくどんな人なのか全然わからなかったので、ドライブしながらお互いのことを話しました。
そして家まで送り届けてくれ、私が降りようとしたそのとき、腕を後ろからつかまれ振り返ると彼の顔が目の前に!びっくりして固まっていると、そのままキスされました。
そんなドラマみたいなシチュエーションにもうメロメロ。
そのまま車のシートを倒されて、Hなことをしちゃいました。
それからたまに私から彼に電話をしては密会するという関係が続いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です