bb-chatが教えるテレフォンエッチによる楽しいセックスの方法

同期の女の子との出来事のあとのテレフォンエッチ

数年前のことです。
ある金曜日、会社の帰りに仲の良い同期に誘われて、某所で行われていたオクトーバーフェストに行きました。なかなか大きな規模のイベントで、大きなテントの中に300人ほどの人がいたと思います。
会場に着くと、同期の女の子(Aちゃん)とその先輩の男性社員がすでに飲んでいて、そこに合流して4人で飲み始めました。

Aちゃんは同期なので名前と顔と出身大学くらいは知っていましたが、直接話をしたことがなく、最初は少し緊張しましたが、他の2人が明るかったのと、美味しいビールで酔いが回ったこともあり、すぐに打ち解けました。また、このイベントでは生演奏に乗せて来場者が輪になってダンスをする時間があり、Aちゃんと肩を組んで踊る場面もあり、さらに距離が縮まりました。

1時間ほど楽しい時間が過ぎた頃、Aちゃんが酔って顔を伏せるような仕草をしていたので、私も半分ふざけて背中をさすってあげたところ、「ありがとー」と嫌がる様子もなく話しているので、しばらく背中や腰に手を当てたりさすったりしていました。

その後、私も酔いが回り、背中をさすっていた勢いでAちゃんの左の太ももに手を置いたところ、やはり嫌がる様子がないので、少しさすってみたところ、Aちゃんがそっと私の手の上に手を重ねてきました。私はさらに気持ちが大きくなって、Aちゃんの手を覆い返して握り、指をさすりました。そして、今度は脚の付け根の方まで手を伸ばしてさすってみたところ、Aちゃんの脚がビクッと動くのを感じ、私は酔っている気持ち良さもあってすごく興奮してしまっていました。

しばらくすると、対面に座っていた先輩と同期が一緒にトイレに立ちました。2人がトイレに向かうと、Aちゃんはゆっくりと身体を起こし、私の方を悩ましい表情で見つめてきました。その顔が愛らしくて、私は周囲の目を気にもせずにキスをして、Aちゃんも応じてきました。短いキスでしたが、このあとヤレるかもしれないという期待を抱きました。キスの後のAちゃんの何とも言えない顔は、今でも覚えています。

トイレに行った2人が戻り、しばらく飲んだ後に、帰ることになりました。
最寄駅に着いて電車を待つ間に、Aちゃんにこっそり、「このあと家に行ってもいい?」と聞いたところ、頷いてくれました。

しかし、電車に乗った後に冷静に確認すると、私以外の3人は途中で降りて一緒に乗り換えることが分かり、私がノコノコと付いていけないことが分かりました。この時点で、私はAちゃんの連絡先を知りませんでした。また、他の2人がいる前で連絡先を聞くこともできず、ウダウダしているうちに3人が降りる駅に着いてしまいました。Aちゃんは、どうするの?という表情を浮かべていましたが、私は1つのアイディアが浮かんだため、笑顔を返していったん見送りました。

私は次の駅で電車を降り、3人が降りた駅に引き返しながら、同期に連絡をして、Aちゃんが忘れ物をしたので連絡先を教えてほしい、と伝え、電話番号を入手しました。
Aちゃんに電話をしたところ、もう自宅の最寄駅に着いていて、駅で待っていると言うので、後を追いました。

駅に着くと、Aちゃんが少し恥ずかしそうに手を振ってくれました。雨が降っていたので、相合傘をして歩きました。途中、我慢ができなくて何度も足を止めてキスをしました。
Aちゃんのマンションの部屋に入ると、すぐにセックスを始めました。たぶんすごくセックスが好きで、酔っていたのもあって初めて話したとは思えないような濃厚な時間でした。1回終わって、少し寝てしまって、起きてすぐに2回目をしました。結局、朝までに4回しました。

私が翌日も仕事の用事があったので、早めに帰らなければならず、すごく残念でしたが、マンションを出ました。
私にとっては、人生で唯一の一夜だけの関係になりました。

それからはテレフォンエッチをする関係になっており、楽しい日々を過ごしています。

テレフォンエッチの仕方は下記のサイトが参考になります。

参考⇒テレフォンエッチ.biz|テレフォンセックスから127人斬りした方法

私が通っていた高校には、全国でも珍しい学校図書館がある高校でした。学校図書館には司書さんもいて、「図書部」という部活まで存在していました。私は特に本が好きだったわけではありませんでしたが、中学時代運動部に所属していて辛い日々を送っていたので、高校ではできるだけ楽がしたいという理由で図書部を選びました。

図書部には、自分と同じクラスメイトの康子という女の子も入部しました。康子は、勉強もでき、見た目も可愛い非の打ちどころのない女の子でした。彼女と付き合おうと沢山の男がアプローチしていましたが、なかなか彼女を落とすことはできませんでした。私も康子のことは気になっていましたが、恋愛には奥手だったため、クラス内どころか同じ部活内でもまともに会話すらしたこともありませんでしたので完全に「高根の花」でした。

テレフォンエッチ好きな人におすすめのエッチなこと

そんなつまらない大学生活も半年が過ぎたころ、高校では文化祭の季節になっていました。図書部では毎年、全校生徒から集めた古本を古本市で販売していました。文化祭前、図書部では日々古本市に出す本の整理に追われていました。ある日の放課後、私はいつも通りだらだらと部室に行くと、珍しく誰もいませんでした。丁度二年生は修学旅行でいなく、三年生は受験シーズンでなかなか部活に顔が出せなかったのです。

私は、鍵がかけて使わない部室の奥の倉庫で物音が聞こえたので近づくと、扉がちょっと開いていました。中を覗くと私は目を疑いました。そこには、エッチな漫画を片手にオナニーにふける康子の姿があったのです。康子は、スカートをまくり、ピンクの可愛いパンツに手を入れてもぞもぞ動かしていました。シャツの隙間から小ぶりのおっぱいも見えていました。私は、ボーッと見ているとついよだれを垂らしそうになり「ズズッ」とすすりました。

その音に気付いた康子は、「あっ…」と言って我に返り、慌てて体を隠しもじもじしていました。私は、倉庫の鍵を内側から閉め、康子に近づきました。「ふーん、康子さんそんないやらしい漫画見るんだ」というと、康子は何も言わずうつむいていました。私は、うつむく康子に向かって、「そのままオナニー続けてよ」と言いました。康子は驚いたような顔をしましたが、諦めたように再びスカートをたくし上げ、パンツの中に手を忍ばせていきました。

私は、床で一心不乱にオナニーする康子をスマホの動画で撮影し椅子に座って眺めていました。康子は次第にかすかな喘ぎ声をだし、体をくねらし、積み上げられた古本に身を委ねていきました。私は、ズボンとパンツを下ろし、康子に握らせました。康子は、いやらしく手コキをし、頼んでもいないのにそれをしゃぶりだしました。私は、埃臭い古本に囲まれた倉庫内で、あこがれの康子の可愛い口の中で思いっきり射精しました。

テレフォンエッチはチャット以上におすすめです。